佃煮とバタースティック

干した椎茸は冷凍してある使用済みの出し昆布と合わせ

佃煮にしました。スライスしてあると簡単ですね。

水に戻した出し汁で煮詰め、旨味も栄養もたっぷり。ふっくらと美味しくできました。

f:id:silk-y:20191010083540j:plain

 

白い消しゴム風のスティックはトーストにバターを塗る時に使います。

テレビで紹介していたので興味をもち、「セリア」にあったので購入。

バターナイフも使わず、適量のバターが塗れるのが素晴らしい。

このメーカーの商品は便利なものがいろいろあり、楽しいホームページでした(^^)

 

干し椎茸

f:id:silk-y:20191006182127j:plain

 昨日干した椎茸です。

hanagasumiさんのアドバイスどおり

薄切りにしたので乾燥も早く、もう少しで完成かな。

 

ネットはスリーコインズ(300円ショップ)のもの。

食品はもちろん、型崩れしやすい洗濯物を乾かす時も

重宝します。

 

 

落ち着いた色なので、お天気が悪くなり室内に取り込んでも部屋に馴染んでいます(^^)

 

 

アンセム

英会話サークルではこの数か月、オー・ヘンリーの短編集を読んでいます。

その中の一編が"The Cop and the Anthem"・・・「警官と讃美歌」。

ホームレスの男性が冬の間、寒さから身を守り食事にありつくため

刑務所行きを企て、警官に捕まろうと苦心するというもの。

copはよく聞きますが、anthem?  その頃は馴染みのない単語でした。

それもそのはず、英検でも1級レベルの単語。日常会話ではあまり使いません。

しかし、このところのラグビーの試合で頻繁に耳にしました。

両チームの国歌、祝歌、賛歌など士気を高める歌がanthemなのですね。

ラグビーWCのおかげでこの単語はしっかりと覚えました(^^)

ニュージーランドサモアではあのダンスも含めてanthem、欠かせないのでしょう。

 

アマゾンプライムオー・ヘンリーの短編を映像化した作品がありました。

f:id:silk-y:20191006190300j:plain

最初の「警官と讃美歌」にはマリリン・モンローも登場してビックリ。

モノクロ映画の中で光り輝く美しさでした。

 

 

 

 

 

ユニクロと無印

スマホユニクロのアプリを提示し、PeyPeyで支払いをすると

ヒートテックの肌着が1枚無料になるキャンペーンが始まりました。

では早速、ココリアへ出動。1枚分の価格で長袖と半袖を購入しました(^^)

f:id:silk-y:20191004194841j:plain

階下の無印でもセールをしていましたが、欲しいタオルは対象外。

正価でも2枚組499円、そう高くはないので新色のブラウンを

レジに持っていくと、アプリで10%オフになり、更にポイントが使え

レジでの支払いは9円のみ・・・幸せな気分でした(笑)

 

 

スポーツクラブでも整体やストレッチのレッスンが多くなり

足裏にタオルを掛けて引っ張ったりするので

長いタオルは必須、これは110㎝と今までにない画期的な長さなので愛用しています。

お店のアプリは何かとお得! 実感した今日の買い物でした。

 

 

 

 

 

 

カマキリ

 f:id:silk-y:20191003184313j:plain

mioさんが庭にトンボや蜂が飛んできていましたね。

我が家もカマキリを撮ってみました。

(シルエットですが)

2階のベランダから屋根に向かおうとしています。

そっちに餌はあるのかな。庭に戻った方がいいのに。。。

 

 

毎年、ひょろひょろと伸びてしまい

「ちょいうどいい丈」に剪定するのが難しいアズレア。

この秋も花だけは安定の美しいブルー(^^)

ユーパトリウム・チョコレートも花盛りで真白になってきました。

f:id:silk-y:20191003184907j:plain

ブルー・フォーユー(バラ)も繰り返し咲いています。

アイルランド戦

mioさんほどラグビーに詳しくはありませんが

週末のアイルランド戦の逆転勝利に日本中が歓喜しましたね。

我が家もビールが進みました(笑)

 

アイルランド北アイルランドアイルランド共和国の統一チーム。

政治や宗教のわだかまりを乗り越え、一つになって戦っているようです。

 

 

最近のお気に入り、エド・シーランのアルバムの中に

彼のおじいちゃん(北アイルランド系のイギリス人)と

おばあちゃんの結婚にまつわる曲があります。

 

 反対を押し切っての結婚だったようですが、22人もの孫に恵まれ

そのうちの1人がイングランド生まれのエド・シーランという訳です。

 

エド君のファンとしては今後のアイルランド・チームも応援したい。

国歌の代わりの「Ireland's Call」もまた聴きたいものです(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼岸花

例年より少し遅れ、白い彼岸花が開いてきました。

赤はまだ見当たりません、きっとどこかに待機しているのでしょう。

斑入りのギー・サボアと淡いピンクのワイルドイブも秋はひっそりと(^^)


f:id:silk-y:20190926204140j:plain

 

一生さんの久々の傑作ドラマ「凪のお暇」をこの3か月間、楽しんでいましたが

それに平行してワイルドで強烈な刑事もの、法廷ものも観ていました。

どちらもアメリカ社会の深い闇が描かれ、暗いです。

決して・・・お勧めはできません(*_*;

マシュー・マコノヒーと悪役のイメージが強いウディ・ハレルソンがコンビを組む

「二人の刑事」は連続ドラマ、2014年の作品。

年齢を重ねても基本、美形のマシュー・マコノヒーの熱演に魅せられ

若い頃(1996年)の出演作「A Time to Kill」まで振り返ってしまいました。

mioさんがご覧になっていたのをふと思い出して(^^)

 

 f:id:silk-y:20190926221832j:plain