俳優のピアノ演奏

あまり期待せず観た映画、良かったです。 (どうもイ・ビョンホンが苦手) 韓国映画?と敬遠せず、お時間にある時にどうぞ(^^) Netflixで視聴しましたか、Amazonプライムにもあるようです。 それだけが、僕の世界 [DVD] イ・ビョンホン Amazon オスカー女優、…

えびせん

パッケージは昔から見たことがありましたが 中国のえびせんを開封し、油で揚げたのは初めてでした。 揚げると鍋の中がパステルカラーの花でいっぱいになります。 揚げる前の薄い生地もスイーツみたい。 紙せっけんもこんな感じでしたよね。 出来上がるまでが…

ピザランチ

父の日だと知っているのか、否か。 世間のイベントには疎い息子です^^; 家族が揃った日曜日のお昼 息子が今や得意料理となったピザを作ってくれました。 冷蔵庫で休ませていた生地をこねこね。 マルゲリータ風のピザには鉢植えのバジルをトッピング。 種から…

電子書類

娘の仕事関連の書類(身元保証契約書)がメールで届き 署名をして返信をしました。署名と言っても文字入力。 慣れないことなので、恐る恐る返信しましたが 瞬時にしてスマホで完結したのでした。 これが今時の流儀なのでしょうか。 その昔、就職の時に菓子折り…

パディントンとお茶

エリザベス女王即位70年を祝う プラチナ・ジュビリーの行事が次々と開催され その動画を楽しんでいました。 豪華アーティストによるライブも素晴らしかった。 エド・シーランの ウエディングソングとしても人気の「パーフェクト」 これまた女王に捧げる曲と…

歩道のペンステモン

近くの歩道にペンステモンが咲いています。 花壇でもあまり見かけないマニアックな植物が 道端に咲いているのは嬉しい。この渋さ、たまりません。 mioさんのお庭にもありましたね。 最初に植えて下さったのは商店街の方なのかな。 毎年、この宿根草を楽しん…

アカンサス

アカンサスの花が咲いていますが、今年も2本だけ。 北側ですし、日当たりが悪いのでしょう。 5本ぐらい立ち上がると見応えがあるのに、我が家のは貧弱です。 切れ込みが深いアザミのような葉も魅力の一つ。 アカンサスと言えばウイリアム・モリスですね。 バ…

小花のクレマチス

華やかで大きな花が咲くクレマチスのジョセフィーヌや キリ・テ・カナワは終わり 6月になって遅咲きの小花系クレマチスが開花してきました。 ご近所から頂いた鉢植えを地植えにしたところ 環境が変わったためか機嫌を損ね、2年間は咲きませんでした。 クレマ…

初夏の庭

山紫陽花が咲き、ギボウシに花芽が立ち上がってきました。 庭も初夏の趣き。それにしても鬱蒼としすぎですね^^; ギボウシの大きな葉にニワトコの葉の細い影が涼しげです。 トンネル仕立てにしていたアルベリック・バルビエも 花は残っているものの、ピークを…

見つめあうテス

一番花も終わりかけのテス・オブ・ザ・ダーバヴィルズ。 ご近所にもお揃いで咲いているので 我が家からの眺めはなかなか贅沢です。 こちらのテスは後ろ姿ですが。 コラボ画像を撮っておいてよかった! この後、あちらのご主人が全ての花をバッサリと剪定なさ…

ハリー・ポッターの杖

庭に来た友人がニワトコの木を見て これがニワトコ!? 初めて実物を見たので嬉しいと言っていました。 ハリー・ポッターには様々な木で作られた杖が出てきて ニワトコも素材の一つのようです。 彼女は本も読んでいて詳しいようでした。 ブラックレースと呼…

青空とモヤモヤの花

渋い銅葉のスモークツリーに モヤモヤとした花が咲いてきました。 花を見るのは何年ぶり? 煙のような花が咲いてこそのスモークツリー。 毎年咲くよう、剪定よろしくお願いします。 野津田のバラ園でその魅力を再認識したニュードーン。 庭のニュードーンも…

満開の野津田バラ園

庭のバラの手入れや掃除で忙しい日々でしたが やっと落ち着いたので 朝一番で野津田公園へ。8時には到着。 自転車や散歩の人は早朝でも出入り自由のようです。 貸切状態で散策することができました。 注目したバラは。。。クリアな黄色の「伊豆の踊り子」 グ…

キリ・テ・カナワ

昨日は夕食に友人を招いていたので、忙しい一日でした。 通常通りジムにも行き、英語サークルにも参加し 帰宅してから何品かチャチャチャと作り 夕方5時には「乾杯!」(^^) それに比べれば今日は休息日。気が楽でした。 招いていた学生時代からの友人たちと …

ディアボロ

先日の日曜のお昼は息子のお手製ピザでした。 キャンプで生地から作るのをマスターしたようです。 マルゲリータ、シラス&ゴルゴンゾーラを食べ終え 3枚目のピザが登場しました。これは何? 「ディアボロですよ」と当然のように。 (仕上げはバーナーで焼き上…

アイスバーグとフンショウロウ

真っ白なアイスバーグが咲いてきました。 育てやすく丈夫、人気のあるバラですね。 後ろのアプリコット色はクレピュスキュル。 一番先に咲いたバラは 白バラの引き立て役としても頑張っています。 春は蕾が開かないで枯れていくことも多いフンショウロウ。 …

渋い銅葉

雨が止み、気温も上がるとバラも 競うように咲いてきました。 鮮やかなバラにも心が弾みますが 銅葉の木にも花が咲き、渋好みなのでこちらにもソワソワ(^^) 銅葉その1 アメリカコデマリが満開。 銅葉その2 西洋ニワトコ(ブラックレース) 銅葉その3 スモーク…

小花と大輪

ノイバラとポールズ・ヒマラヤン・ムスクが咲いてきました。 一つ一つは極小でも密集し、集団で迫ってくると迫力があります。 春だけの一季咲きも潔い。 桜色のポールズ、一輪だけでも魅力をアピールしていますね。 我が家で一番の大輪がバタースコッチ。 高…

大きな寸胴鍋

40年近く愛用している我が家の鍋。 並んでいるのは息子のキャンプ用の鍋です。 キャンプで豚骨や鶏ガラを煮込んでスープを作り ラーメンを作るのに必要なのだそうです。 それにしても威圧的な大きさ。 内径36センチ、高さ26センチもありました。 大鍋をじっ…

アメリカコデマリ

バラも開花ラッシュで賑やかになってきました。 道路側に出ないと見えない株もあるので 行ったり来たり忙しい朝を過ごしています。 今朝のバラは甘い香りのソンブレイユ、テス、ブルーフォーユー。 今が一番の盛りなのはバラより アメリカコデマリ、ディアボ…

草むらの中

連休後半はお天気に恵まれバラも次々と咲いてきました。 まずは我が家の秘蔵っ子、クレピュスキュル。 庭仕事の合間に休憩している夫を撮ってみたら 高原にいるみたい(笑) 若葉の季節は狭い庭も居心地がよいものです。 そのうち蚊が飛び回りますけれど(^^;)

ベビーリーフ 育苗中

昨日は娘の友人2人が来ていました。 部屋の中よりも、庭で楽しくおしゃべりしていたようでした。 テーブルに活けた花材を見て「これは?」と 不思議そうにしていたのは 黄色い菜の花が咲いた後の「サヤ」でした。 ギボウシとサヤ。大胆で変わった活け花だっ…

ピンクと紫

昨日までは3歳の愛らしいお客さまも滞在していました。 男の子がトカゲを追いかけているだけでも和みますね(^^) 大阪の嵐(笑)が過ぎ去り、いつもの庭に戻りました。 クレマチスのジョセフィーヌが華やかさを増し 濃い紫のザ• プレジデントも並んで咲いていま…

バラの開花日

ここまで咲いたら開花宣言をしましょう。 今日は我が家のバラの開花記念日。 クレピュスキュルが一番先でした。 それにしても太く武骨な枝ですね、お淑やかな花なのに。 バラではありませんが、こちらは満開を迎えました。 緑がかった白のトキンバラ。こちら…

強靭なバラ

アルベリックバルビエはクリームホワイトの優雅なバラ。 一季咲きなので春だけが晴れ舞台です。 庭の片隅から枝を伸ばし、トンネルを形成し軒下へ侵入。 更に今年はカーブを描き2階のベランダの手すりへと ステージを広げました。とても丈夫でしなやかな品種…

蕾さがし

ジョセフィーヌ(クレマチス)の蕾が次々と開いてきました。 5月になれば華やかなバラとクレマチスの壁になることでしょう。 この画像の中の開いてきた花と蕾を数えてみました。 右上の四角の中も蕾なので合計13個あります。 バラではなくクレマチスの花と蕾、…

新入りイベリス

春先から咲いていた白い宿根イベリスも盛りを過ぎ 伸びてきました。ナスタチウムと競演もあと少しですね。 ナスタチウムは冬越しできましたが、ネコノヒゲは微妙かな。 紫色のクイーンアメジストは今春購入した新入りイベリス。 宿根草なので毎年、この花色…

ハーブと野菜

葉だいこん(左上)の種まきをしたところ、よく茂ってきました。 間引き菜はサラダや薬味に使えるので重宝しています。 我が家のニューフェイス、来年も育てようかな。 パクチー、ミツバ、ミント。 そしてmioさんとお揃いのレモンバーム(左下)も伸びてきました…

開花待ち

この2日間は寒さが戻り、冬の装い。 ストーブもつけています。 もうすぐ開花のはずだったトキンバラも停滞中。 横へ横へと誘引したので、蕾がいっぱいで 花もよく見えることでしょう。トキンバラに関しては成功かな(^^) 白いオルレアとクレマチス(ジョセフィ…

ギボウシとオオバンソウ

筍のように尖った芽が見えてきて その後、くるくると巻物のようになり ついに全開。明るい葉を披露しているギボウシ(寒河江) その向こうはアメリカスミレが群生しています。 狭い庭でもそれなりの群生(^^) 2年がかりで育ったオオバンソウも咲いてきました。…